« 一般質問(一日目) | トップページ | 中央1旭町町会「お年寄りを敬う会」 »

2010年9月24日 (金)

中高年登山者の安全登山を考えるつどい

220924 220924_2 220924_5 220924_6 蕨市山岳連盟と中央公民館の共催で、「中高年登山者の安全登山を考えるつどい」が行われました。講師として、埼玉県秩父警察署・埼玉県山岳救助隊副隊長の飯田雅彦氏が「その時登山者に何が起きたのかー埼玉県内における山岳事故の実態とその教訓ー」と題してご講演いただきました。講演の中では、近年、山岳救助要請が増加していること、多くの山岳事故が道迷いから起きているが、地図がきちんと読めない、装備が不十分など知識と準備不足があること、その背景に高尾山などのブームとなっている登山から、いきなり秩父の登山をするなど無謀な登山が増えていること、遭難した際などにも、事前の登山届けが決定的に重要であること、なるべく一人登山は避け、仲間とともに登山することが大切であること、など貴重なお話がたくさんありました。登山は本当に素晴らしいものだと伺っていますが、ぜひ、安全な登山が広がることを願っています。

|

« 一般質問(一日目) | トップページ | 中央1旭町町会「お年寄りを敬う会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中高年登山者の安全登山を考えるつどい:

« 一般質問(一日目) | トップページ | 中央1旭町町会「お年寄りを敬う会」 »