« 国際青少年キャンプ表敬訪問 | トップページ | 61回目の市長面会日 »

2012年7月31日 (火)

町亞聖著「十八歳からの十年介護」

240726 蕨市出身のフリーアナウンサーである町亞聖さんの著書「18歳からの十年介護」を読みました。フリーアナウンサーとして活躍している町さんが蕨市出身であることは知っていましたが、6月、産経新聞に掲載されたお母さんの介護に関する町さんのインタビュー記事を読んで、この本の存在を知り、読ませていただきました。タイトル通り、町さんの18歳からの10年、15年に及ぶ介護の体験が、飾らない文章で、率直に描かれていましたが、その中で、介護を通じて、母親、父親、そして妹、弟との触れ合いと葛藤、その中で、バラバラだった家族の絆が深められていく様子が感動的でした。もちろん、実際は、大変な苦労の連続であったと思いますが、それを前向きに捉え、家族で生きていく姿は素晴らしいと思います。町さんは、現在、午前11時25分からテレビ朝日で放送されている「ワイドスクランブル」に、毎週木曜、ゲストコメンテーターとして出演しています。

|

« 国際青少年キャンプ表敬訪問 | トップページ | 61回目の市長面会日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町亞聖著「十八歳からの十年介護」:

« 国際青少年キャンプ表敬訪問 | トップページ | 61回目の市長面会日 »