« 一般質問が終了 | トップページ | 美園会長寿を祝う会 »

2013年9月26日 (木)

フリーアナウンサー町亞聖さんが講演

18106 181012 18103 18101 蕨市出身のフリーアナウンサー町亞聖さんの講演会が下蕨公民館で行なわれました。町さんは、日本テレビーのアナウンサーを経て、2年前からフリーアナウンサーとなり、今年3月までテレビ朝日のワイドスクランブルのコメンテーターをつとめた他、現在、東京MXテレビの「ニッポンダンディ」「5時に夢中」の司会など、テレビやラジオで大活躍されています。

そんな晴れ晴れしい活躍をしている町さんですが、高校3年生、18歳の時にお母さんが病気になり、それ以来10年にわたる介護を経験されています。そうした経験を元に「18歳からの10年介護」という本を出版され、昨年7月の私のブログでも紹介させていただきました。
今日の講演では、蕨での思い出も織り交ぜながら、介護や医療についてお話しいただきました。介護の経験は大変厳しいものであったと思いますが、介護を通じて家族の絆が深まったとのお話しは感動的でした。町さんは、下蕨公民館のすぐ近くに住んでいたたこともあり、今日の講演会では「おかえりなさい町さん」の看板も出されていました。町さんは、現在、さいたま市にお住まいですが、「私の原点は蕨にある」「これからも地域に協力したい」と蕨のことをとても大切に考えてくれていること、とても嬉しく思いました。
大変お忙しい中、ご講演いただきました町さん、そして、下蕨公民館とともに講演会を共催いただきました中央7丁目自治会をはじめ、ご協力いただきました全ての皆さんに感謝申し上げます。
なお、町さんの本は、今年の6月、小学館文庫より「10年介護」として再出版されました。ぜひ、お読み下さい。

|

« 一般質問が終了 | トップページ | 美園会長寿を祝う会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フリーアナウンサー町亞聖さんが講演:

« 一般質問が終了 | トップページ | 美園会長寿を祝う会 »