« 第76回全国都市問題会議(1日目) | トップページ | 秋祭り(宵宮) »

2014年10月10日 (金)

第76回全国都市問題会議(2日目)

全国都市問題会議の2日目は、「都市と新たなコミュニティ~市民協働を推進するコミュニティデザイン~」と題したパネルディスカッションが行われました。コーディネーターは、東北芸術工科大学教授・京都造形芸術大学教授の山崎亮氏が務め、パネリストは、一般社団法人コミュニケーションネットワーク協会理事長の近山恵子氏、群馬大学教授の片田敏孝氏、高知市まちづくり未来塾代表の岡田法生氏、東京都三鷹市長の清原慶子氏、福岡県宗像市の谷井博美氏が努めました。それぞれ、大変有意義な報告がありましたが、特に、片田氏のお話の中で、町会加入率の低下の背景には、その必要性を感じなくなってきているからであるが、そもそも、コミュニティの存在意義は、地域が共通して外敵から自分たちの暮らしを守ることにあり、その点で、今日重要となっている防災は、コミュニティを高めていく上でも重要である、との指摘があり、大変重要な視点であると感じました。また、片田氏は、石巻での防災教育を通じて、市民一人一人が、行政に頼る気持ちが強く、自分で自分の危険を判断し、身を守る力が育っていないことが最大の課題である、と話されていたことは大変印象的でした。また、近山氏の高齢者住宅をめぐる取り組み、特に、地域の介護や医療、高齢者住宅の最適化をはかるグランドデザインを民間の力で行う取り組みは、大変興味深いものでした。

今回の都市問題会議は、私が、最も好きな歴史上の人物である坂本竜馬のふるさとでの開催となりましたが、これからの市政運営を進めていく上で、大変参考になり、かつ、刺激的なものでした。都市問題会議開催にあたりご尽力いただきました全ての関係者に感謝いたします。

|

« 第76回全国都市問題会議(1日目) | トップページ | 秋祭り(宵宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第76回全国都市問題会議(2日目):

« 第76回全国都市問題会議(1日目) | トップページ | 秋祭り(宵宮) »