« エルドラド訪問4日目②~プラサビル市 | トップページ | エルドラド訪問5日目~おけいさんのお墓 »

2016年7月30日 (土)

エルドラド訪問4日目③~エルドラド郡

1469888037873.jpg

1469888040977.jpg

1469888042973.jpg

1469888044942.jpg

1469888046855.jpg

1469888053191.jpg

1469888048910.jpg

1469888051101.jpg

続いて、ヴィアキャンプ議員に、エルドラド郡を案内していただきました。郡(カウンティ)は、アメリカでは、大変重要な行政機関で、州と市の間に位置し、日本の県のような役割と言われ、カリフォルニア州には、58の郡があります。蕨市が姉妹都市の締結しているのがエルドラド郡です。やはり、選挙で選ばれる長はおらず、5人の郡議会議員(スーパーバイザー)から議長が選ばれ、別に、日常的な行政執行を担うシティ・マネージャーを選任します。エルドラド郡は、人口約16万人ですが、面積は4631k㎡で、埼玉県より広い面積です。郡は、警察を含む行政機能を有しており、職員数も1800人以上で、郡庁舎も大変立派でした。面白いのは、エルドラド郡の二つの市の人口を足しても4万人程にしかならず、他の12万人は、市には属さず、独自のコミュニティを作っていることです(税や警察などは郡が管轄します)。私がホームステイしているマーナーさんの家があるキャメロン・パークもその一つです。但し、カリフォルニア州の中でも、ロサンゼルスのような大きな郡は、長が市民による直接選挙で選ばれ、ストロング・メイヤー(強い権限を持つ市長)と呼ばれ、日常的な行政執行も担うなど大きな権限を持っているそうです。ヴィアキャンプ議員には、郡庁舎、郡議会、郡警察を含めて案内していただきましたが、いろいろな所に、蕨からの記念品が飾ってあることが、印象的でした。

|

« エルドラド訪問4日目②~プラサビル市 | トップページ | エルドラド訪問5日目~おけいさんのお墓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エルドラド訪問4日目③~エルドラド郡:

« エルドラド訪問4日目②~プラサビル市 | トップページ | エルドラド訪問5日目~おけいさんのお墓 »