« アルパ×津軽三味線魅惑の競演=響きあう旋律= | トップページ | 蕨市民音楽祭~アンサンブルパティシエによる木管トリオとワインのマリアージュ »

2017年11月12日 (日)

蕨市民音楽祭~坂田明×智内威雄×河鍋暁斎・究極のセッション

291112_12 291112_15 291112_8_2 291112_1_2 蕨市民音楽祭のフィナーレは、蕨市在住で世界的サックス奏者の坂田明さんと左手のピアニスト・智内威雄さんが、河鍋暁斎が描いたイソップ物語(通俗伊蘇普物語)の挿絵をモチーフに、独自の音楽を奏でる究極のセッションが実現しました。川上さんが作曲し、智内さんのピアノをバックに、坂田さんが、物語の朗読とアルトサックスを演奏する、感動的な作品でした。

|

« アルパ×津軽三味線魅惑の競演=響きあう旋律= | トップページ | 蕨市民音楽祭~アンサンブルパティシエによる木管トリオとワインのマリアージュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蕨市民音楽祭~坂田明×智内威雄×河鍋暁斎・究極のセッション:

« アルパ×津軽三味線魅惑の競演=響きあう旋律= | トップページ | 蕨市民音楽祭~アンサンブルパティシエによる木管トリオとワインのマリアージュ »