« 町会長連絡協議会市政懇談会 | トップページ | 公民館で子育て中のお母さん達と懇談 »

2017年11月16日 (木)

災害時のトイレ&下水道問題を考えるシンポジウム

2911161 2911166 29111610 2911169
災害時のトイレ&下水道問題を考えるシンポジウムが文化ホールくるるにて開催されました。3年前、蕨ロータリークラブ創立50周年記念事業として、安全安心まちづくりフォーラム「災害時トイレどうしようIN埼玉」が開催されたことをきっかけに、当時、蕨ロータリークラブ会長であった菊池さんが中心となって、「災害時トイレ&下水道を考える会」が設立され、昨年に続き、2回目のシンポジウム開催となりました。蕨市では、昨年、下水道の長寿命化基本計画を策定するとともに、災害時のトイレ問題への対策として、バリアフリートイレや簡易トイレの備蓄を進めるとともに、近年、力を入れているのが、トイレ処理セットです。市として、3年前に6万の備蓄目標を定め、これを5年間で整備する目標で取り組みを進めています。同時に、市民の皆さんにも備蓄を呼びかけ、昨年は、町会の皆さんのご協力で、市民の皆さんへの斡旋も行い、個人及び自主防災会などの団体で、合計18000袋が購入されました。今日は公務の都合で、挨拶のみで失礼させていただきましたが、今後とも、自助、共助、公助の連携による防災都市づくりに向けて、町会や市民団体の皆さんと連携していきたいと思います。

|

« 町会長連絡協議会市政懇談会 | トップページ | 公民館で子育て中のお母さん達と懇談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 災害時のトイレ&下水道問題を考えるシンポジウム:

« 町会長連絡協議会市政懇談会 | トップページ | 公民館で子育て中のお母さん達と懇談 »