« 蕨市立東小学校創立140周年記念式典 | トップページ | WaraJazz~蕨市民音楽祭 »

2018年11月10日 (土)

坂田明×智内威雄×河鍋暁斎・究極のセッション~蕨市民音楽祭

301110_9 301110_5 301110_8 301110_18_2 301110_14 301110_15
アルトサックス奏者として世界的に活躍している坂田明さん率いる渡来塵の皆さんと左手のピアニスト・智内威雄さん、そして、天才絵師・河鍋暁斎という蕨ならではの究極のセッション第2弾が市民会館大ホールで行われました。第1部は、智内威雄さんのピアノ演奏、そして、第2部では、智内さんが、河鍋暁斎の絵をモチーフに新たに書き下ろした「サックスと左手のピアノ版『酒呑童子』」を智内さんと坂田さんで演奏。舞台バックには暁斎の絵が映し出され、見事に、暁斎の世界が表現されていました。そして、第3部は、渡来塵の皆さんの演奏。迫力満点の演奏に満員となった会場は大いに盛り上がりました。坂田さんの語りを交えての演奏となった「死んだ男の残したものは」や坂田さんがチェルノブイリで演奏したという「ひまわり」など、とても心に響いてきました。出演者の皆さん、ご来場いただきましたみなさん、ありがとうございました。

|

« 蕨市立東小学校創立140周年記念式典 | トップページ | WaraJazz~蕨市民音楽祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂田明×智内威雄×河鍋暁斎・究極のセッション~蕨市民音楽祭:

« 蕨市立東小学校創立140周年記念式典 | トップページ | WaraJazz~蕨市民音楽祭 »