« 蕨市環境フォーラム | トップページ | 改正民法施行後も蕨市の成年式は20歳を対象に開催へ »

2018年11月22日 (木)

第33回蕨市園芸品評会

301122_12 301122_15 301122_1 301122_13 301122_4 301122_3
第33回蕨市園芸品評会が中央公民館にて開催されました。今年の夏は、大変な猛暑で、何回も台風が襲来するなど、農産物を育てるうえで大変厳しい条件でしたが、そうした中でも、蕨市の農家の皆さんにはたいへん頑張っていただき、今年の品評会には、昨年を上回る153点もの農産物が出品されました。審査の結果、埼玉県知事賞には、奥田邦義さんのだいこん、蕨市長賞には、貫井辰之介さんの山椒(木の芽)が選ばれました。受賞した農産物はもちろん、全ての農産物が見事な出来栄えで、人口密度日本一の蕨市において、こんなにも素晴らしい農産物が作られていることに感動をお覚えました。出品された農産物は、23日(金、祝)も、午前10時から午後0時30分まで、中央公民館集会室にて販売されます。また、併せてわらびりんごサイダーも販売されますので、ぜひ、お出かけ下さい。園芸品評会実行委員長の奥田光由さん、園芸緑化研究会の小宮康則会長をはじめとする農業関係者の皆さん、ありがとうございました。なお、詳しくは、蕨市ホームページをご覧ください。

|

« 蕨市環境フォーラム | トップページ | 改正民法施行後も蕨市の成年式は20歳を対象に開催へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第33回蕨市園芸品評会:

« 蕨市環境フォーラム | トップページ | 改正民法施行後も蕨市の成年式は20歳を対象に開催へ »