« 蕨市統計調査員連絡会新年会 | トップページ | 中央コミュニティ子ども実行委員会の皆さんから寄付 »

2019年2月 7日 (木)

拉致問題啓発舞台劇「めぐみへの誓い~奪還」

310207_3 310207_14 310207_16 310207_8 310207_11 310207_1
拉致問題啓発舞台劇「めぐみへの誓い~奪還」が蕨市民会館大ホールで開催されました。この舞台劇は、拉致問題への理解や関心を広げ、拉致問題の一刻も早い解決の一助になることを願い、国、埼玉県、蕨市の共催で開催されたものです。最初に、政府拉致問題対策本部事務局長の岡本内閣審議官より、拉致問題の概要説明があり、ミニコンサートとして、シンガーソングライターの山口采希さんが拉致問題の早期解決を願ってつくった「空と海の向こう」を歌いました。拉致被害者やご家族の皆さんのこれまでの映像が流れながらの歌で、とっても感動しました。そして、劇団夜想会の皆さんによる舞台劇「めぐみへの誓い~奪還」が上演されましたが、涙なしでは見れない、舞台劇でした。今日の公演には、家族会代表の飯塚繁雄さんをはじめとする拉致被害者のご家族並びに特定失踪者のご家族の皆さんもご臨席いただき、また、多くの市民の皆さんとともに、蕨二中の生徒達も一緒に観劇しました。改めて言うまでもなく、北朝鮮による拉致問題は、私たち国民市民の自由な生活を奪い、生命と安全を脅かす、絶対に許すことができない人権侵害であり、国家の主権を侵害する暴挙です。そして、拉致被害者のご家族もご高齢となる中で、一刻も早い解決が切実に求められています。ぜひ、これからも、拉致問題の早期解決に向けて、拉致問題の啓発、理解促進の取り組みを進めていきたいと思います。本日の公演開催に当たり、ご尽力いただきましたすべての皆様に心から感謝いたします。

|

« 蕨市統計調査員連絡会新年会 | トップページ | 中央コミュニティ子ども実行委員会の皆さんから寄付 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拉致問題啓発舞台劇「めぐみへの誓い~奪還」:

« 蕨市統計調査員連絡会新年会 | トップページ | 中央コミュニティ子ども実行委員会の皆さんから寄付 »