« 埼玉土建蕨戸田支部ボーリング大会 | トップページ | 埼玉県なわとび選手権で活躍した児童が表敬訪問 »

2019年3月17日 (日)

第24回桜のまち南町文化展

310317_5 310317_25 310317_35 310317_31
第24回桜のまち南町文化展が、南公民館を中心に、昨日、本日と盛大に開催されました。今年も、郷土の芸術家展や河鍋暁斎展をはじめ、絵画や写真、工芸、書道、絵手紙、俳句など、素晴らしい作品が多数展示されていました。また、和楽備神社宮司の堀江清隆さんと画家で蕨市文化協会の智内兄助会長による「蕨鎮守の森 百年の歴史を振り返って」と題した記念トークも開催されました。その中では、和楽備神社の鎮守の森が、日本の公園の父とも言われる本多静六氏によって設計された貴重なものであることなども紹介されました。本多静六氏が、神社の鎮守の森の設計にかかわったのは、明治神宮と和楽備神社だけだそうです。南町文化展開催に当たりご尽力いただきました、森田実行委員長をはじめとする実行委員会の皆さん、関係者の皆さんに感謝いたします。

|

« 埼玉土建蕨戸田支部ボーリング大会 | トップページ | 埼玉県なわとび選手権で活躍した児童が表敬訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第24回桜のまち南町文化展:

« 埼玉土建蕨戸田支部ボーリング大会 | トップページ | 埼玉県なわとび選手権で活躍した児童が表敬訪問 »