« 蕨市にぎわいまちづくり連合会定時社員総会 | トップページ | 蕨混声合唱団バースデイコンサート »

2019年6月29日 (土)

荒川左岸水害予防組合水防演習

0106291 0106298 荒川左岸水害予防組合水防演習が市民会館大ホールで開催されました。荒川左岸水害予防組合は、昭和26年に設立された水防管理団体で、荒川左岸に位置する川口市、戸田市、蕨市の三市で構成され、管理する堤防延長は10743メートルとなります。今年の水防演習は、荒川の堤防がない蕨市が当番であることから、実地の水防演習はなく、荒川下流河川事務所の荒川泰二所長により、「荒川の洪水とその対策」と題した講演がありました。近年、地球温暖化などの異常気象の影響もあり、全国各地で豪雨による水害被害が多発しており、特に、昨年の西日本豪雨災害では、200名を超える方が命を失うなど、甚大な被害が発生しました。水害への対策を進めるには、ハード、ソフト両面からの対策が必要ですが、ハード面では、昨年度から、荒川第二、第三調節池が事業化され、完成すれば、新たに5100万トンの貯留能力を有することとなり、荒川の水害を防ぐうえで大きな効果が期待されます。また、ソフト面では、洪水ハザードマップやタイムラインの作成、関係機関の長によるホットラインの構築などを進めています。本日は早朝より、消防団や自主防災会の皆さんをはじめ、多くの皆さんにご参加いただき、ありがとうございました。

|

« 蕨市にぎわいまちづくり連合会定時社員総会 | トップページ | 蕨混声合唱団バースデイコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蕨市にぎわいまちづくり連合会定時社員総会 | トップページ | 蕨混声合唱団バースデイコンサート »