« スタントマンによる交通安全教室を開催 | トップページ | 市長のほっと訪問⑭~株式会社ニィニさん »

2020年10月 7日 (水)

国内主要大会が開催できる屋内プール等の県南地域への設置を~県知事、県議会議長、水泳議連会長に要望

021007 021007_20201007170001  本日、奥ノ木川口市長、菅原戸田市長、浅井草加市長とともに県庁を訪れ、4市長の連名で、「国内主要大会が開催できる屋内プール等の県南地域への設置を求める要望書」を、埼玉県の大野知事、埼玉県議会の田村議長、県議会水泳振興議員連盟の小島会長宛に提出しました。
 埼玉県は、多くの水泳メダリストを輩出するなど「水泳王国」と言われていますが、国際大会や国内主要大会が開催できる公営の屋内50mプールがありません。関東で、こうした施設がないのは埼玉県だけです。現在、埼玉県において、屋内プール等の整備について検討がされていますが、県南地域には、県のスポーツ施設が少ないことや2回の埼玉国体では、川口市が水泳会場となってきたことなどを踏まえて、今回、4市長連名で、県南地域への建設を求めたものです。候補地としては、川口北スポーツセンターに隣接する川口市の神根運動場があげられており、ここは、交通アクセスも良く、蕨市からも近い距離にあります。県南地域に、国際大会も開催できるような屋内プールが整備されることは、県内水泳の競技レベルの向上はもちろん、水泳が活発な蕨の子ども達にとっても、夢を与えるものとなります。ぜひ、これからも連携して、実現に向けて、力を尽くしていきたいと思います。

|

« スタントマンによる交通安全教室を開催 | トップページ | 市長のほっと訪問⑭~株式会社ニィニさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スタントマンによる交通安全教室を開催 | トップページ | 市長のほっと訪問⑭~株式会社ニィニさん »