« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月30日 (月)

蕨市議会で提出議案に対する質疑

021130125  本日、蕨市議会本会議が行われ、提出議案に対する質疑等が行われました。
 明日からは、予算決算常任委員会分科会及び3つの常任委員会において、議案審議が行われます。

| | コメント (0)

2020年11月27日 (金)

蕨市新型コロナ緊急対策第4弾について、市長メッセージ動画をアップ

021126catv-1 先日、記者会見で発表した蕨市新型コロナ緊急対策第4弾について、市長メッセージ動画をアップしました。ぜひ、ご覧ください。

| | コメント (0)

2020年11月26日 (木)

蕨市立北小学校創立150周年記念式典

02112615014 02112615017 0211261501 02112615024  蕨市立北小学校の創立150周年記念式典が行われました。北小学校は、明治3年に創立された埼玉県内で最も古く歴史のある学校です。私自身にとっても、北小は母校であり、たくさんの思い出が詰まった場所であるだけに、感慨深いものがあります。
 歴史と伝統ある北小学校のますますの発展と全ての児童のみなさんの健やかな成長を心からご祈念いたします。

| | コメント (0)

蕨市議会12月定例会が開会~6点にわたり市長報告

021126126 021126124  本日、蕨市議会12月定例会が開会しました。仮設庁舎で行われる初めての議会です。
 市長として提出した議案は、条例案4件、補正予算案5件、人事案2件、その他8件の計19件です。
 初日の今日は、市長として、6点にわたる市長報告を行いました。
 第1点は、新型コロナウイルス感染症にかかるこの間の蕨市の取り組みについてです。この中では、まず、これまでの取り組みとして、次の点について報告しました。
◎特別定額給付金は、最終的には、3万9668世帯、7万5561人に対し、総額75億5610万円を支給し、対象世帯の99.4%、対象者数の99.7%。
◎小規模企業者応援金第2弾は、昨日時点で1536件、1億5360万円を支給。
◎ペイペイと連携した30%還元キャンペーンは、還元額が約4767万円、決済額は約1億9900万円と4.1倍となり、大きな経済効果があった。
◎児童生徒1人1台のパソコン整備は、4年計画を前倒しし、年内に配備を行い、3学期から使用できる見通しとなった。
◎アーティスト動画配信プロジェクトは、プロ、アマ合わせて70組533名の申し込みがあり、動画作品は10月から順次配信している。
 また、市民の命と健康を守るため、検査・医療体制の拡充と更なる感染防止対策をすすめる蕨市新型コロナ緊急対策第4弾の内容について、報告しました。
 第2点は、今年度の市民意識調査の結果についてです。ここでは、「子育て」について、「子育てしやすいまちだと思う」「どちらかといえばそう思う」と回答した割合が、過去最高同率の52.5%となったこと、市政満足度について、「コミュニティバスなどの公共交通の充実」が昨年度の12位から2位に上昇したこと、などに触れています。
 第3点は、市内3か所目となる地域包括支援センターの整備について、塚越地区への来年4月の設置に向けて、受託事業者が決定したことを報告。
 第4点は、手話言語条例制定に向けた取り組みについて、この間、蕨市聴覚障害者協会や手話サークル、社会福祉協議会と制定準備会を設置し、検討を進め、条例案を取りまとめたこと、パブリックコメントを経て、来年3月に議会に上程することなどを報告。
 第5点は、子ども家庭総合支援拠点の設置について、予定を1年前倒しし、来年4月に、児童福祉課内に設置することについて報告。
 第6点は、企業や大学など民間との協働のまちづくりについて、この間、9月14日に株式会社ルネサンスと締結した「蕨いきいきキッズプロジェクトの実施に関する協定」、11月10日に、京都大学COI拠点研究推進機構と株式会社ほっこり~のプラスとの3者で締結した協定について、報告しました。
 市長報告の全文は、蕨市ホームページに掲載されていますので、ご覧いただければと思います。
 なお、次の蕨市議会本会議は、11月30日に開催され、提出議案に対する質疑等が行われる予定です。

| | コメント (0)

2020年11月25日 (水)

友好都市ドイツ・リンデン市の新聞に蕨市の新型コロナへの対応が紹介されました

021124-1  友好都市であるドイツ・リンデン市の新聞に、給付金や水道料基本料金無料化など蕨市の新型コロナ対策や市役所建て替えの取り組みなどが紹介されました。
 なお、記事によると、リンデン市は人口約13000人ですが、11月16日時点での新型コロナへの感染は75件だそうです。感染された方の早期の回復を願っています。
 今年は、4月に、リンデンからの訪問団が蕨市にお見えになる予定でしたが、残念ながら、新型コロナの影響で、延期となりました。ぜひ、一日も早く新型コロナが収束し、また、リンデンとの交流を広げていきたいと思います。

| | コメント (0)

2020年11月24日 (火)

検査・医療体制の拡充と更なる感染防止対策へ~蕨市新型コロナ緊急対策第4弾

0211242 0211247  本日、記者会見を行い、蕨市新型コロナ緊急対策第4弾について発表しました。第4弾では、新型コロナから市民の命と健康を守るため、検査・医療体制の拡充と更なる感染防止対策に取り組む内容となっています。主な内容は次の通りです。
1、検査・医療体制の拡充
◎高齢者等へのPCR等検査費助成
◎濃厚接触者以外の市民への市費によるPCR等検査の実施
◎新型コロナの行政検査のご協力いただく市内医療機関に10万円の補助
◎蕨市立病院において、新型コロナとインフルエンザを同時に検査できるキットを導入するなど、医療体制の充実
2、更なる感染防止対策
◎高齢者等インフルエンザ予防接種無償化の1月末までの延長
◎保育園など児童福祉施設の感染防止対策に1事業最大100万円補助
 なお、詳しくは、市ホームページをご覧ください。

| | コメント (0)

2020年11月23日 (月)

わらび共済組合第48回定期総会

021123481 021123485  わらび共済組合第48回定期総会が行われました。仲内会長をはじめとするわらび共済の皆さんには、日頃から、大きなご支援、ご協力をいただいています。昨年の台風19号や今年の九州を中心とする令和2年7月豪雨災害など、近年、自然災害が多発する中で、助け合いの共済制度の役割がますます大きくなっています。ぜひ、本日の総会を機に、助け合いの輪をさらに広げていただければと思います。
 新型コロナは、全国で、第3波と言われるような急速な感染拡大が続いていますが、市民の命と健康を守るため、検査・医療体制の拡充や更なる感染防止対策に力を入れていきたいと考えています。

| | コメント (0)

2020年11月20日 (金)

第35回蕨市園芸品評会

0211202 0211205 02112012 02112011 02112017 02112011_20201120144701  第35回蕨市園芸品評会が行われました。今年は、9月の長雨などの天候不順に加えて、コロナ禍で大変な中ではありましたが、蕨市内の生産者の皆さんから147点もの出品がありました。市内全域が市街化区域で人口密度日本一の蕨市内で、こんなにも見事な農産物が収穫できること、本当に素晴らしいと思います。ちなみに、私と一緒に写っているのが、市長賞を受賞した貫井さんの白菜です。改めて、開催に当たりご尽力いただきました奥田会長をはじめとする実行員会並びに園芸緑化研究会の皆さんに感謝いたします。
 今年は感染拡大防止のため、例年行っている市民の皆さんへの販売は行いませんが、代わりに、市内の飲食店の皆さんが、市内で生産された農産物を活用したオリジナルメニューを提供するベジフェスが開催されることになりました。詳しくは、市ホームページに掲載されていますので、ご覧いただき、ぜひ、お出かけいただければと思います。

| | コメント (0)

2020年11月18日 (水)

美術市展(絵画、彫刻、工芸)

0211187 0211188 0211183 0211185 0211186 0211181  新型コロナの影響で延期となった第52回蕨市公募美術展覧会(市展)の代りとして、オンライン配信による美術市展が開催されることになり、絵画38点、彫刻4点、工芸6点、中学生美術作品10点の合わせて58点の応募がありました。市民のみなさん向けの展示はありませんが、絵画の智内先生、藤井先生をはじめ、各分野の先生方が、作品ひとつひとつについて講評していただき、作品とともにオンライン配信します。私も、今日、拝見させていただきましたが、とっても素晴らしかったです。配信は12月に行われる予定ですので、ぜひ、ご覧ください。

| | コメント (0)

2020年11月13日 (金)

聖火リレートーチが仮庁舎入口に展示

021113-5 021113-4 東京2020オリンピックの聖火リレートーチが、本日、仮庁舎(市民会館)入口に展示されています。展示は、本日の午後3時までですので、ぜひ、ご覧ください。なお、東京2020オリンピックの聖火リレーは、来年の7月6日、蕨市内の中山道を通る予定となっています。

| | コメント (0)

2020年11月10日 (火)

京都大学COI拠点&ほっこりーのプラスと連携協定を締結

021110-4 021110-9 021110-7 021110-10 本日、蕨市と京都大学COI拠点研究推進機構、株式会社ほっこりーのプラスの三者で、相互に連携して、子育て支援などに関するイノベーションの創出や実証実験に取り組み、地域社会と人材育成に寄与することを目的とした連携協定を締結しました。
 京都大学COI拠点は、文部科学省および科学技術振興機構より、2013年から「革新的イノベーション創出プログラム」として採択されたもので、「しなやかほっこり社会」の実現を目指して、①女性・子育て支援、②ヘルスケア、③災害インフラ、の3つの分野の事業を進めており、2019年よりフェーズ3に入っています。
 株式会社ほっこりーのプラスは、長年にわたり、子育て中の女性に寄り添いながら、様々な子育て支援に取り組んでおり、蕨市内のスーパー内にも拠点があります。
 今後、この協定に基づき、蕨市内に開設予定の拠点施設で、オンラインによる遠隔相談や子育てAI(ほっこりAI)を活用して、産後うつ予防など、女性とこどもの心と体の健康サポートなどを行っていく予定です。
 本日の協定式にご出席いただきました、COI拠点機構長の野村様をはじめとする京都大学関係の皆様、ほっこりーのプラス代表取締役の内海様をはじめとする関係者の皆様に感謝申し上げるとともに、ぜひ、これを機に、大いに連携しながら、AIも活用した子育て支援の新たなモデルを構築していければと思います。

| | コメント (0)

2020年11月 5日 (木)

160回目の市長面会日

 市長として、市民の皆さんと直接懇談する「市民と市長との面会日」を、毎月1回、第1木曜日の午後に開催しています。
 今日は、仮設庁舎に移転してから初めてで、市長就任以来、160回目となる市長面会日でしたが、6組24名の方がお見えになりました。市民の皆さんの生の声をお伺いすることは、市政運営の原点とも言えます。今日も、様々なテーマ・課題について、お話をお聞きしましたが、これからの市政運営に生かして行きたいと思います。

| | コメント (0)

発熱などの症状がある場合の新たな受診体制の整備について、市長メッセージ動画を公開しました

021105catv-1 この秋から冬にかけて、インフルエンザと新型コロナの同時流行が懸念される中、発熱などの症状がある場合の新たな受診体制の整備について、市長メッセージ動画を公開しましたので、ぜひ、ご覧ください。

| | コメント (0)

2020年11月 3日 (火)

第9回蕨市彩の花展

0211039-2 0211039-7 0211039-6 0211039-8  第57回蕨市文化祭として、第9回蕨市彩の花展が、旭町公民館にて開催されています。小林会長をはじめ、会員の皆さんの作品、とても素晴らしかったです。また、コロナ禍ではありましたが、今年も、親子伝統文化教室が行われ、小学生親子の作品も多数出品されていましたが、どの作品も色鮮やかで、素晴らしかったです。

| | コメント (0)

蕨市けやき文化賞・自治功労者表彰式(第1部)

02110314 02110315 021103111 02110312  文化の日である本日、第37回蕨市けやき文化賞並びに令和2年度蕨市自治功労者表彰式を開催しました。今年は、2部制にして人数を制限するなど感染拡大の防止対策を講じながらの開催をいたしました。
 第1部では、けやき文化賞に、音楽家でピアニストの智内威雄さんを、自治功労者として41名の方々を表彰いたしました。
 けやき文化賞を受賞された智内威雄さんは、左手のピアニストとして全国で活躍しながら、生まれ育った蕨市において、市民音楽祭への出演や成年式での演奏・スピーチ、各種演奏活動を通じて、蕨の芸術文化の発展に多大なる貢献をいただいた方です。8月にNHKで放送された「天上の響き~左手のピアニスト智内威雄」は、智内さんの生き様を伝える感動的な内容で、コロナ禍にあって、国民に生きる勇気を伝えるものでした。
 自治功労者の皆さんは、町会長をはじめ、消防団長、民生児童委員など各種委員を長年務められ、蕨の発展のために多大なるご尽力をいただいた方々です。改めて、これまでのご尽力に感謝申し上げるとともに、お祝い申し上げます。
 私は、コロナ禍にあって、改めて、人と人のつながり、ふれあいが、住み良いまちづくりにとって如何に重要であるかを実感しています。ぜひ、これからも、蕨の素晴らしい地域力を生かして、コロナ禍を乗り越え、素晴らしい蕨のまちづくりを進めていきたいと思います。本日は、おめでとうございました。

| | コメント (0)

蕨市自治功労者表彰式(第2部)

021103210 021103211 02110329 02110328_20201103131801 今年の蕨市自治功労者表彰式は、新型コロナの感染拡大防止のため2部に分けて開催させていただきましたが、第2部では、町会活動をはじめ、医療、福祉、教育、文化、国際交流、そして、多額の寄付などを通じて蕨の発展にご貢献いただいた81名の方々に感謝状を贈らせていただきました。
 蕨の今日までの発展を支えてきたのは、地域におけるコミュニティの豊かさ、地域力の高さにあります。それは、コロナ禍を乗り越え、住みよいまちづくりを進めていく上でも、重要な力となります。今日の受賞者の皆さんは、まさに、こうした蕨のまちづくりを中心となって、担ってきていただいた皆さんです。
 ぜひ、これからも、皆さんとともに、蕨の優れた地域力を生かして、住みよい蕨のまちづくりを進めていきたいと思います。本日は、おめでとうございました。

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »