« 画友会創立45年記念展 | トップページ | オリジナルフレーム切手「さよなら私のクラマー」贈呈式 »

2021年9月30日 (木)

緊急事態宣言解除にあたっての蕨市の対応方針について

 全国的に感染者が大きく減少し、病床使用率など医療提供体制も改善されてきたことから、緊急事態宣言が、本日9月30日をもって、解除されることとなりました。改めまして、市民の皆さん、市内事業所の皆さんには、この間、感染防止対策に大変なご協力をいただき、市長として、心から感謝申し上げます。
 蕨市では、宣言の解除を受け、新型コロナ対策本部を開催し、市の対応方針を決定しました。方針では、感染の再拡大を防ぐため、飲食店やイベントへの制限については、10月24日までの期間、段階的に緩和することといたしました。飲食店の皆さんには、埼玉県の安心宣言飲食店プラスの認証店については、午後8時までの酒類の提供が認められ、営業時間は午後9時までの短縮を要請しています。また、市のイベントや公共施設の利用については、引き続き、定員の半分以下となります。
 市民の皆さんに対しては、不要不急の外出自粛等の要請は、午後9時以降を除いて、解除されますが、ワクチンを接種した方を含めて、マスクの着用や手洗い、人混みはなるべく避けるなど、引き続き、感染防止対策にご協力いただきますよう、お願いいたします。
 ワクチン接種は、現在、蕨市内では、高齢者の皆さんの約9割が2回の接種を終え、市民全体でも昨日時点で1回目の接種が7割を超え、10月末には8割程度となる見込みとなっています。豊かな日常を取り戻すため、もう一歩のところまで来ています。市民の皆さん、市内事業所の皆さんには、引き続きのご協力をよろしくお願いいたします。
 なお、対応方針の全文は、市ホームページに公開しておりますので、ご覧ください。

|

« 画友会創立45年記念展 | トップページ | オリジナルフレーム切手「さよなら私のクラマー」贈呈式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 画友会創立45年記念展 | トップページ | オリジナルフレーム切手「さよなら私のクラマー」贈呈式 »