« 年末年始の無料PCR検査について | トップページ | 蕨市消防本部で年頭の挨拶 »

2022年1月 1日 (土)

2022年~新しい年を迎えて

15904  市民の皆さん、新年あけましておめでとうございます。令和4年(2022年)新しい年を迎えました。市民の皆さんには、輝かしい新春をお迎えのことと、心からお喜び申し上げます。また、旧年中は、市政推進に多大なるご尽力をいただき、市長として、心から感謝いたします。
 さて、昨年も、引き続き、新型コロナの感染拡大が、市民生活や地域経済に厳しい影響を及ぼした年となりました。こうした中、蕨市では、これまで6回にわたり、市独自の新型コロナ緊急対策に取り組み、コロナから市民の皆さんの健康と暮らし、地域経済を守るため、引き続き、全力をあげてきました。特に、昨年10月末まで実施した電子商品券「織りなすカード」は、多くの家計を応援するとともに、新規顧客の拡大や売り上げ増など、市内の事業所を支援するという点でも大きな成果を上げることが出来ました。また、感染対策の決め手とされるワクチン接種も、1月にプロジェクトチームを立ち上げて以来、全庁的な体制で取り組み、国や県の平均を上回るスピードで順調に進めることが出来ました。
 同時に、市民の皆さんにお約束した「あったか市政」第2ステージについても、市内3か所目の地域包括支援センターの塚越地区への整備や中学校体育館へのエアコン設置などをすすめるとともに、新庁舎建設工事に着手し、蕨駅西口再開発も着工に向けて大きく動き出すなど、未来への大きな一歩を踏み出すことが出来ました。
 今年の市政運営については、オミクロン株など感染再拡大の懸念も高まる中、引き続き、コロナ対応に全力をあげてまいります。市立病院では、検査や新薬の活用による早期治療など、第6波に備えた医療体制の強化を図って行きます。市内事業所の皆さんの感染対策経費への補助やペイペイキャンペーン第2弾も予定しています。そして、3回目のワクチン接種については、すでに、12月からスタートしていますが、高齢者の皆さんについても、なるべく前倒しできるよう取り組んでまいります。また、「あったか市政」第2ステージについても、認可保育園や学童保育室の増設や小学校体育館へのエアコン設置など、住み心地ナンバー1と言える蕨に向けて、全力をあげてまいります。
 私は、コロナ禍を通じて、デジタル技術などとともに、改めて、充実した人生を送る上で、人と人とのつながりの大切さが再確認されたのではないかと考えています。その点、コミュニティが豊かな蕨は、大きな強みを持っていると言えます。ぜひ、豊かな地域力を生かして、住みよいまちづくりを更に進めていきたいと思います。
 今年が、市民の皆さんにとって、素晴らしい年となりますことをご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。本年もよろしくお願いいたします。
       2022年 元旦  蕨市長 頼 高 英 雄

|

« 年末年始の無料PCR検査について | トップページ | 蕨市消防本部で年頭の挨拶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年末年始の無料PCR検査について | トップページ | 蕨市消防本部で年頭の挨拶 »