« 第13回わらびクラシックフェスタ | トップページ | 埼玉県社会保険労務士会浦和支部新年賀詞交換会 »

2023年1月23日 (月)

池端俊策さんが講演「脚本家の仕事~NHK大河ドラマ『麒麟がくる』を振り返って」】

050123-8 050123-9 050123-3 050123-1  本日、文化ホールくるるにおいて、「令和4年度人権尊重社会をめざす市民のつどい」が開催され、蕨市在住の脚本家・池端俊策さんに「脚本家の仕事~NHK大河ドラマ『麒麟がくる』を振り返って」と題してご講演いただきました。今日の講演では、「麒麟がくる」の様々なエピソードや俳優の緒形拳さんとの思い出など、貴重なお話を聞くことができましたが、その中でも、脚本家の仕事は「人間を描くこと」に尽きる、というお話しが印象的でした。お忙しい中ご講演いただきました池端先生、そして、ご来場いただきました皆さん、本日は、ありがとうございました。

|

« 第13回わらびクラシックフェスタ | トップページ | 埼玉県社会保険労務士会浦和支部新年賀詞交換会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第13回わらびクラシックフェスタ | トップページ | 埼玉県社会保険労務士会浦和支部新年賀詞交換会 »