« わらび市政ほっとニュース(第45回)がスタート | トップページ | 能登半島地震被災地派遣職員からの報告 »

2024年3月 8日 (金)

人権・同和教育指導者養成講座第2回「女性の視点に立った防災」

060308-1 060308-7 060308-6 060308-3 令和5年度蕨市人権・同和教育指導者養成講座「一人ひとりの幸せを求めて」の第2回「女性の視点に立った防災」が開催されました。講師は、埼玉県防災士会の田中緑さんに努めていただきました。元旦に発生した能登半島地震から2か月余が経過しましたが、被災地では今なお、1万人を超える方々が避難生活を余儀なくされています。そうした避難所の運営においても、女性の視点は非常に重要な課題です。蕨市では、地域防災計画並びに避難所運営にマニュアルに「男女共同参画の視点に立った対応」を盛り込み、例えば、避難所運営委員会の3割は女性とすることや女性専用の洗濯場・更衣室の確保、女性用品は女性が配布すること、女性用トイレは数を多くし安全性を高めること、炊事が女性に偏らないようにすること、などを明記していますが、今後とも、災害に強いまちづくりを進める中で、女性の視点に立った防災対策にも、しっかりと取り組んでいきたいと思います。講師の先生、そして、参加者の皆さん、今日はありがとうございました。

|

« わらび市政ほっとニュース(第45回)がスタート | トップページ | 能登半島地震被災地派遣職員からの報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« わらび市政ほっとニュース(第45回)がスタート | トップページ | 能登半島地震被災地派遣職員からの報告 »